売買・賃貸・不動産のことなら正栄不動産

トップページ > 不動産豆知識


不動産豆知識


   
 

土地の分筆制度について  

平成17年3月に登記法が変わり土地の分筆や境界確認制度が変わりました。
大きく変わった点は、土地の分筆には「印鑑証明書添付」と「実印」の押印が必要になったことです。なかなか実社会で「印鑑証明書」と「実印」(以下「2点セット」)を使う機会はありません。隣地の境界確認の為に2点セットを揃えるのには抵抗があると思います。まぁ、同時に隣地の所有者のモノも頂くことになるので、これは「お互いさまで、行って来い」でしょう。
しかし、自分の土地と隣接していないが、共有する道路(私道)を介して接する土地の分筆にも2点セットが要ります。道路の共有者全員の2点セットがいるのです!
これは「お互いさま」という感覚にもならず、「なんで?」という気持ちが沸いてくるはずです。自分の土地の隣接地で開発行為が行われ、自分が意図せずに共有道路に接することになった地主さんは不幸としか言いようがありません。不満もでるでしょが制度ですので、ある程度「お互いさま」で2点セットの提出に協力してください。
これと同様に地積訂正にも2点セットが必要です。これについては改めて豆知識で紹介したいと思います。

 


Copyright © 2004-2009 shoeifudosan.com All Rights Reserved.